マタニティウェアはいつから必要?服やパンツの選び方は?

妊娠・出産

初めての妊娠だと、一体いつごろからどんなマタニティウェアを揃えればいいのか迷ってしまいますよね。仕事をしている妊婦さんは仕事服をどうすればいいかも気になるのではないでしょうか。そこで今回は、マタニティウェアを買う時期や選び方についてご紹介します。

マタニティウェアはいつから着るもの?

妊婦 臨月 日本人

マタニティウェアは、必ずこの時期から着なければいけないという基準はありません。

マタニティウェアを着る一番の目的は、お腹の締め付けをなくすことなので、お腹が膨らみ始める妊娠4〜5ヶ月頃から着始めるのが一般的です。

とはいえ、つわりが酷い場合や妊娠初期からお腹の締め付けを感じる人は早めにマタニティウェアを着るといいですよ。

安全面を考慮して、バレエシューズやスニーカーなど姿勢が安定する靴は妊娠初期から購入しておきましょう。

マタニティウェアの選び方と注意点

妊婦 スマホ オリジナル

マタニティウェアを選ぶときは、以下のポイントをおさえましょう。

妊娠前と同じサイズを選ぶ

マタニティウェアは、変化の大きいお腹やバスト以外の部分は普通の服とおおむね同じサイズに仕上げてあるので、妊娠前と同じサイズでOKです。

ただし体の変化には個人差があるので、締め付けが気になる場合はサイズアップしましょう。

産後まで長く着られるものを選ぶ

パンツやスカートは、お腹まわりの大きさに応じて紐で調整できるタイプだと、妊娠初期から産後まで長く着ることができますよ。

トップスやワンピースは、前開きのものや授乳口付きのものが産後も便利です。

ゆったりした衣類であれば、手持ちの服でもマタニティウェアの代わりになりますが、パンツはウエストのサイズが決まっていて難しいもの。

まず何を買うか迷ったら、お腹周り以外はスリムに作られていて、今までのパンツファッションとほぼ変わらずにコーディネートできるマタニティパンツがおすすめです。

仕事用のマタニティウェアはどうすればいいの?

妊婦 スーツ マタニティウェア

仕事でスーツを着用している場合は、マタニティスーツを購入するといいでしょう。

見た目は普通のスーツと変わらないものの、ウエストが調整できたり動きやすかったりと妊婦さん向けの工夫がされていますよ。

そこまでかっちりとした服装を求められない場合は、ワンピースにジャケットやカーディガンを羽織ったり、スラックスタイプのマタニティパンツやスカートにブラウスやシャツを合わせたりするスタイルが多いようです。

手持ちの服で妊娠中もおしゃれを楽しむ方法

最近は流行を取り入れたおしゃれなマタニティウェアが増えていますが、妊娠中もお気に入りの服を着続けたい人もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが、妊婦さん用のアジャスターです。

ズボンやスカートのボタン代わりにアジャスターを使うことで、妊娠前の服を無理なく着続けることができます。

マタニティウェアを買い足すより安く済むのもうれしいですね。

犬印本舗 リラックスアジャスター(ブラック)

要出典 犬印本舗 アジャスター
出典: www.inujirushi.co.jp

税込価格
1,821円
アジャスター
長さ:16〜22cm/幅:4cm
対応腹囲
64〜95cm

マタニティウェアで妊娠中も快適に過ごそう

マタニティウェアいつまで

最近は、大きなお腹でもすっきりしたシルエットになるようデザインされたマタニティウェアも多く販売されています。

一時期しか使わないマタニティウェアは、あまり買いたくないような気もしますが、妊婦さんが快適に過ごせるよう工夫されているので、ぜひマタニティウェアも活用してくださいね。

Source: こそだてハック

コメント

タイトルとURLをコピーしました